はじめに

HP10作目にしてようやく作成されたわんキチ記。
webサイト名に子犬の散歩道を謳い使い続けてはいたものの、なんとかここまでたどり着きました。
FujifilmのFINE PIX4700Zを手に入れたので愛しの悟郎君を撮影可能になりました。
一人暮らしが少々続き、やっと犬を家族に加えてもいいかなと思えるようになるまでに数年の歳月がかかりました。
前に居たパグ犬”ポンタ”が交通事故で命を落としそれを抱いて家に帰ったとき想ったこと。。。
それから、私の家族に入ってきた新顔5代目にしてわんぱく、甚平衛と悟郎。
そして甚平衛が拉致され残された悟郎と共に新宅へ。
落ち着いた環境を手に入れて現在に至ります。
さて、この先どのような未来が待っているのでしょう。
それは次々に更新されるだろうPHOTOにてご覧ください。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得




P60マクロauto


少々庭が汚いですが、戯れる甚平衛と悟郎です。まだ一年経っていない頃です。

常に仲良く遊んでいました。それはそれはとてもかわゆかったです。